« 『のだめ』月9ドラマ化!!! | トップページ | 『夜のピクニック』恩田陸 »

ラーメン

ズ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

そう、ラーメンズ

奇才・小林賢太郎と、変才・片桐仁のコンビ。

:変才=変態的な才能。 変才≠変態。

多摩美出身の二人。

小林賢太郎のや形態模写はプロ級です。

もすごいらしい。

そんで

ラーメンズ第15回公演『アリス』

ラーメンズ 第15回公演 「アリス」 ラーメンズ 第15回公演 「アリス」

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/05/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を、今日DVDで観ました。

いやぁ笑った笑った♪(笑)(爆)←使い方がよくわからないけど使ってみた

は、言い方を変えるだけで面白いネタが多い。

「不思議の国の日本」というネタの一部↓

熊本  →  クマポン☆

クッマポーーーーーン♡

長崎  →  ちゃんぽん☆

チャンポーーーーーーン♡♡♡

字だけだと伝わりにくいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラーメンズは昔テレビに出ているころはたまに見ていて。

出なくなって、しばらくして

フラッシュで見た伝説的ネタ「千葉・滋賀・佐賀」「新橋!」でハマリました。

その後、小林賢太郎プロデュース公演(KKP)をDVDで見ました。

第1回「good day house」

第2回「Sweet 7」 ←これだけ観てない。

第3回「Paper Runner」

第4回「LENS」

最初見たのは、「Paper Runner」

D_paper

なんだこれは?

こんなに面白い舞台があるのか、と

こんなにお腹が痛くなる舞台があるのか、と

衝撃的だった。

この時点でもうとりこになっちゃいました。

第4回の「LENS」の完成度はとても高く。

もう芸術の域に達した喜劇だと思います。

早く第5回公演の「TAKE OFF~ライト三兄弟~」もDVD化してもらいたいです。

舞台観に行きたいけど

ラーメンズの単独公演などのチケットはプラチナ化して取るの大変らしいです。

最近では著作権法の無力さを感じつつ

ユー○ュ○ブで検索してネタを見てます。

一人、パソコンの前でほくそえんじゃってます♪

きも!!!

Photo_1人気ブログランキング【ブログの殿堂】エンタメ@BlogRanking  

↑ランキングを確認

|

« 『のだめ』月9ドラマ化!!! | トップページ | 『夜のピクニック』恩田陸 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126240/3035678

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン:

» 人気ブログランキング アクセスアップ ブロラン [人気ブログランキング アクセスアップ ブロラン]
トラックバック失礼しま〜す。 アクセスアップにも役立ちますので、是非遊びに来てくださいね。 [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 06時09分

» ラーメンズ/ラーメンズ [アイドル・タレント・芸能人一発検索]
携帯でも「ラーメンズ」を一発検索!! 「ラーメンズ」の情報を「一発検索」携帯サイトで見てみよう! ラーメンズ 関連のDVD ラーメンズ 第15回公演 「アリス」 ラーメンズ DVD-BOX ラーメンズ: DVDボックス Rahmens 0001 select 爆笑オンエアバ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 21時14分

» 小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」 [1-kakaku.com]
昨今のお笑いブームとはやや異なる印象を持つコメディアンコンビのラーメンズ。その一人である小林賢太郎が、自ら作・演出・出演をして年に一度のペースで行っているプロデュース公演の第4回作品を収録。大正14年、ある図書館の蔵書が250冊も盗まれるという事件が発生。さらにその図書館では幽霊が出現したという騒ぎもあり、超常現象を専門とする警視庁捜査課第三種事件係警部が解明に乗り出す。そこに推理力に秀でた作家志望の青年が現れ、互いの協力のもと、謎解きが始まる。が、図書館司書、巡査、人力車夫も巻き込み、事態は... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 06時14分

» 小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」 [1-kakaku.com]
昨今のお笑いブームとはやや異なる印象を持つコメディアンコンビのラーメンズ。その一人である小林賢太郎が、自ら作・演出・出演をして年に一度のペースで行っているプロデュース公演の第4回作品を収録。大正14年、ある図書館の蔵書が250冊も盗まれるという事件が発生。さらにその図書館では幽霊が出現したという騒ぎもあり、超常現象を専門とする警視庁捜査課第三種事件係警部が解明に乗り出す。そこに推理力に秀でた作家志望の青年が現れ、互いの協力のもと、謎解きが始まる。が、図書館司書、巡査、人力車夫も巻き込み、事態は... [続きを読む]

受信: 2006年12月25日 (月) 23時13分

« 『のだめ』月9ドラマ化!!! | トップページ | 『夜のピクニック』恩田陸 »