« 映画『夜のピクニック』―微妙さを演じ分ける若手俳優の実力に注目。 | トップページ | 映画『木更津キャッツアイ~ワールドシリーズ~』―内容に文句なし!!! »

映画『ワールド・トレード・センター』 ― アメリカってやっぱりアメリカなんだなぁ。

映画『ワールド・トレード・センター』

観た。

325029view001

主演:ニコラス・刑事

監督は3度のアカデミー賞受賞経験を持つオリバー・ストーン

あの9・11同時多発テロで救助に向かった港湾警察官の奇跡の物語。

感想は…

・アメリカっていう映画だなぁ、と。

やっぱりアメリカってアメリカなんだなぁ、と。

アメリカ人ってヒーロー好きだなぁ、と。

でも映画の作りとしては

星条旗を掲げたり

テロ組織を批判するような場面はなく

あざとさえぐさはなかったです。

泣くとか感動よりも

あの衝撃を強く思い出し

考えさせられる映画だと思います。

こういう意味ではいい映画かな、と。

ただ、もしアカデミー賞を受賞することがあったならば

アカデミー賞の品位を疑います。

僕が思ったのは

「彼らは過去にアメリカが日本に原爆を2発も落としたことを知っているのだろうか???」

です。

たまには皮肉まじりの辛口評もいいでしょう。

中辛くらいですけど。

もう少し辛くも出来ます。

Photo_1人気ブログランキング【ブログの殿堂】エンタメ@BlogRanking  

|

« 映画『夜のピクニック』―微妙さを演じ分ける若手俳優の実力に注目。 | トップページ | 映画『木更津キャッツアイ~ワールドシリーズ~』―内容に文句なし!!! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>はと子さんへ
この事件で多くの方々亡くなったのは事実です。
3000人弱ですか?救助に行った人の中にも粉塵をたくさん吸い現在も後遺症に苦しんでいる方もいます。だからアメリカに文句言うなとは言いません。
でも、きっちり報復戦争してますよね???
むしろ文句だけなら良かったかも…。
日本は原爆を落とされ、何万人という人が死に、敗戦国となり、GHQの作った憲法の下、戦争をしない国になりました。
勝ち続けている国と、負けた痛みを知っている国。日本、アフガニスタン、イラク。北朝鮮?イラン?パレスチナ?アメリカはこれからも言うこと聞かない国は力でねじ伏せていくのかなぁって思うと嫌じゃないですか?人間が修得した素敵な言葉や多様な表情というコミュニケーション手段があるんですからね。

>White-Rabbitさん
すいません今旅先なもんで、帰ったらじっくりサイト覗きたいと思います!

投稿: ひま人 | 2006年10月13日 (金) 15時29分

私の知人がこの事件で亡くなりました
WTCで亡くなった方々は、原爆とは何の関係もないんですがね・・・
原爆を落とした国なんだから、何されても文句言うなって事ですか?

投稿: はと子 | 2006年10月13日 (金) 00時08分

初めまして、ひま人さん。 長文失礼します。
この「WTC」は賛否両論が大きいそうですね。私はDVD鑑賞予定ですが、ストーン監督という事で社会派で鋭い問題提起をするのかと感じてました。10日まで、生還者のロドリゲス氏が来日していました。(リンク参照)

日本では話題になってませんが、「なぜツインビルが崩壊したのか?」という疑問などが、米国で活発に議論されているのをご存知でしょうか? 弱冠 22歳のディラン・エイブリー青年作品が世界中で旋風を起こしています。火災が崩落の原因だとする「9.11公式報告書」を全面的に否定する、9/11 TRUTH映画 「Loose Change=ルース・チェインジ」が暗部を追及。日本でも10月末にようやくDVD上陸。「ネット無料配信」もあるそうです。

これを観ていたら激辛コメントだったかも? 真実に関心があればお薦めします。「ルース・チェインジ」=「ルース・チェンジ」の反響の広がりなど詳しくは下記BBSの「9月21日」を。これがNHKも報じない9月11日のNYのデモ4分動画。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv

尚、投稿内容やリンク先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/idx/?mycategory_id=31024
http://8136.teacup.com/empire/bbs

投稿: White・Rabbit | 2006年10月11日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126240/3745248

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ワールド・トレード・センター』 ― アメリカってやっぱりアメリカなんだなぁ。:

» 「ワールド・トレード・センター」試写会レビュー この想いは、どこへ向かうのか。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
なんとも切なく、やりきれない。テーマソングが頭の中を流れて離れない。そして、ただただ無言になってしまう、そういう映画。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 15時03分

» 映画「ワールド・トレード・センター」 [いもロックフェスティバル]
映画『ワールド・トレード・センター』の試写会に行った。 まず冒頭に「これは9. [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 16時12分

» 『ワールド・トレード・センター』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『ワールド・トレード・センター』鑑賞レビュー! 勇気そして生還——これは、真実の物語 『ワールド・トレード・センター』 2006年10月7日より全国超拡大ロードショー 製作国▶アメリカ ビスタサイズ/ドルビーデジタル 上映時間▶129min(2時間9分) 配 給 ▶UIP映画 2001年9月11日 同時多発テロの標的となった ワールド・トレード・センターの地下で 逃げ惑う人々を必死に誘導する男たちがいた 港湾警察官のジョン・マクロー... [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 17時07分

» 【劇場鑑賞111】ワールド・トレード・センター(WORLD TRADE CENTER) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
あの日、世界は恐ろしい悪を目撃した。 しかし2人だけは見た。尊い何かを―― 勇気そして生還 これは、真実の物語である。 [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 22時05分

» ★「ワールド・トレード・センター」 [ひらりん的映画ブログ]
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10〜)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になりきってまーーーーす。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 03時33分

» ワールド・トレード・センター−(映画:2006年129本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります) 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロによってあのWTCが崩れ落ちていったときに、私はどっかの居酒屋...... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 23時44分

» 「ワールド・トレード・センター」みてきました [よしなしごと]
 ユナイテッド93に引き続き9・11事件を描いた作品ワールド・トレード・センターを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 16時43分

» ワールドトレードセンターからの手紙? [子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ]
救出活動に参加して生き埋めになった警官たち。その警官である夫の帰りを待つ家族。職業間を越えて生き埋めの人の救出活動を行う、消防官、警察、海兵隊たち。ストーリーは単調でしたが、それぞれの思いが伝わってくる感動ドラマがスクリーン越しに・・・... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 22時21分

« 映画『夜のピクニック』―微妙さを演じ分ける若手俳優の実力に注目。 | トップページ | 映画『木更津キャッツアイ~ワールドシリーズ~』―内容に文句なし!!! »