« 2006年11月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

映画『キサラギ』―爆笑できるサスペンス☆そうとーおもろかった♪

51xothdoxbl

清純派アイドル、如月ミキの一周忌を偲ぶために集まった5人。

小栗旬
ユースケ・サンタマリア
小出恵介
塚地武雅
香川照之

その自殺の真相に迫る物語。

場面はひとつ。

「笑の大学」もワンシチュエーションだったけど

それに迫るくらいなかなか面白かった。

役者陣が個性派の主役級が揃い、

だいぶ期待して観ました。

最初は微妙なところがあったけどだんだん引き込まれました。

小栗旬はオタク役がなぜか似合う(笑)

ちなみにユースケの役名は『オダ・ユージ』……

それだけで期待させます。

もちろん裏切りませんでした笑。。

『パイレーツ』が酷評を受けている中、

『キサラギ』は今やっている映画では一番ではないでしょうか?

最近思うのが、

ドランクドラゴン塚地
カンニング竹山
板尾創路
極楽とんぼ加藤
雨上がり宮迫

etc....演技のうまい芸人が多い。

今回の塚地はコントのまんまという感じでした。

特に竹山は気持ち悪いけど、スクリーンでの存在感がある。

板尾さんはすごい。最近どこにでも出てる。

話が映画から逸れましたが

とにかく観てないけど「大日本人」「監督バンザイ」よりも

この『キサラギ』の方がおもろいこと間違いなし!!!

Photo_1人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↑ランキングは何位かな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

映画『俺は、君のためにこそ死にに行く』 ― 大日本人だからこそわかる映画。

Pic1_1

石原都知事が脚本、総指揮と聞いて

どうなんだろ?

と警戒しつつ見たけど、良かった。

なかなかよい映画だと思います。

日本人なら見てもらいたい。

324782view002

出演

徳重聡 
窪塚洋介
岸恵子
筒井道隆
多部未華子
中越典子
戸田菜穂
勝野洋
伊武雅刀

主題歌 B’z「永遠の翼」

「特攻の母」と言われた鳥濱トメさんが語った当時の特攻隊の若者たちの生き様を聞いた石原慎太郎が脚本を書き上げたこの作品。

太平洋戦争終盤、日本がとった戦法ー”特攻”

せっかく育てた若いゼロ戦の操縦士をみすみす死なすことになる戦法の意味は?

20歳そこそこで女も知らず死んでいく若者の心中は?

「靖国で会おう。」

戦争の意義って???

いろいろ考えさせられます。

映像も実際の太平洋戦争の映像と

違和感のないCGとがあいまって

いい感じでした。

個人的には、窪塚洋介を映像で久しぶりに見てみて

相変わらずでなんだか嬉しくなりました。

注;若干ネタばれになりますけど、

→窪塚は、特攻で突っ込んでも生きてるんですよ♪

アイキャンフラーイ!を思い出すし

マンションから飛び降りても生きてて

芸能界復帰したのを思い出すし

若干、IWGPのキングっぽかったし

見ていて嬉しかった。

324782view003

とにかく日本人ならこういう話を知っておいていいと思う。

日本人なら見てください。

同じ特攻ものなら俳優今井雅之原作「Winds of God(ウィンズ・オブ・ゴッド)」っていう、元は舞台の作品の映画は、いいです。泣けます。

Photo_1人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ランキングは何位かな?
久しぶりに復帰。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「300」 - 九時からのさんびゃく大人1枚ください笑

『300(スリーハンドレッド)』さんびゃく??

Pic1

スパルタの精鋭300人 vs ペルシア100万人 の戦い

特に見たかった訳ではないが時間の関係で見たこの映画。

んん~~ん。

んんん。

ん~。

とりあえずスパルタの男たちの筋肉はすごかった。

あと戦いのシーンは、斬新な映像で迫力あった。

感想はそれだけ。

女性が、もしくは女性と、観に行くことはおすすめしません!!!

血みどろで首がふっとんでくし刺しで

とかが好きな方はどうぞ☆

Photo_1人気ブログランキング【ブログの殿堂】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年7月 »